専門病院の女性用バイアグラ|分割利用のメリット

泌尿器科、産婦人科、専門病院などで、女性用バイアグラは処方してもらうことが可能です。
ただ、病院に行くのは抵抗があるという人は、ネット通販で個人輸入するという方法もあります。
女性用バイアグラというのは通称ですが、ネットで扱われている女性用バイアグラは男性のED(勃起障害)治療に使われるバイアグラと同成分のシルデナフィルが配合されています。
シルデナフィルには体内の血流を良くすることで、膣内を潤わせて不感症や性的絶頂の不満足感を解消させる効果が期待できます。
ED治療に使われる時のメカニズムと同様に、女性用バイアグラはPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを阻害することで、血管拡張物質のcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)が壊されるのを防ぎます。これにより、女性器周辺の血流を良くして、膣内に潤いを与えることができます。
使用方法は、性交渉1時間~30分前に1錠を水かぬるま湯で服用します。1錠あたり100mgの製品はかなり大きめなので、ピルカッターで分割して飲んでも良いでしょう。経済的にもお得です。
まず最初に分割して使ってみて、効果が弱いようならば通常量を飲むなど工夫すると良いです。
薬の効き目を低下させないためには、空腹時に飲むことがポイントです。有効成分シルデナフィルな食事やアルコールの影響を受けやすいので、飲酒は控えて空腹の時に飲むようにしましょう。
1日最大100mgが上限です。
最大の注意事項は、狭心症や不整脈治療に使われる硝酸剤との併用です。一緒に使うと血流が良くなりすぎて血圧が下がりすぎ、ショック状態に陥ってしまう危険性があります。硝酸剤を飲んでいる人は、シルデナフィルが含まれた女性用バイアグラの併用は禁忌です。